日本のECも、ようやくボーダレスになろうとしている。
インターネットはもともと国境を超えるものだか、お国柄日本においては国内に閉じた利用でビジネスが発展してきた。この10年その意味では、順調にそして着実に発展した。
しかし、次の10年は、これまでの軌跡をなぞるだけでは、大きな発展は難しいという声をよく聞く。なぜなら、いまのECの発展の原動力は、マーケットのデフレ欲望にこたえるものだったから。買い手が同じで、売られるものも同じなら、残された競争条件は価格。
しかし、その先にあるのは、利益なき繁忙である。

新たな成長の軌道に、抜け出すにはマーケットの開拓、拡大が欠かせない。
もちろん、言語の問題はあるが、Made in japanは強さをもっている。

それを国を超えて発信し、新たなマーケットの開拓にチャレンジすることが求められている。

オキシモロン・コンサルティングでは、いち早く対中国マーケットへの展開を想定し、現地の調査、ニーズについて実証的な研究を重ねてきた。
この成果の一つとして、オンライン決済サービス大手”支付宝”について詳しく調査しその成果がまとまろうとしている。

【支付宝】Alipay大解剖;まだだれも解説していないこの決済システムの全貌

をリリースすることが決まりました。
今回はプレビューとしてサンプル版を無料ダウンロードを開始します。
正式番は7月に提供開始です。
どうぞ、お楽しみに!