オキシモロン(Oxymoron)とは?

聞きなれない言葉ですが、英語で【Oxymoron】という言葉があります。
もともとギリシャ語でOxysは「鋭い」、morosは「鈍い」という二つの異なる意味の言葉を合わせてできている。 これは、表現の手法で矛盾撞着語法と呼ばれるものです。 例えば
英語 ・Sweet bitter
   ・Sound of silence
・Working holiday
・Poor rich
・Open secret

日本語 ・うれしい悲鳴
    ・コクがあるのにキレがある
    ・発展的解消
    ・素人の目を持ったプロ
    ・劇団ひとり

言葉の成り立ち自体が矛盾をはらんでいる、にもかかわらず的を得ていてしっくり来る感じが不思議でもあります。

ビジネスの世界においても、単に論理的な正論では、現実はなかなか進んでいきません。まったく正反対のものの見方、観点を同時にもつことがとても重要な場面がとても多いと感じています。。

■<ビジョン>
私たちのビジョンは、まさに 異なった二つの見方、観点からアプローチし、新たな価値を生み出すことです。
単眼ではなく複眼思考なのです。
”これしかない”と考える一方で、”それ以外は?”と敢えて自問することでもあります。
経営のさまざまなシーンで、経営者は意思決定を迫られます。
あたりをつけた選択肢を評価する一方で、全く反対の視点からアイデアを加えることで一ひねり加えることを実現したいと考えています。


次のステージを目指すベンチャー企業のための プロフェッショナル マネジメント コンサルティング ファームです。

日本にはとてもたくさんのコンサルティング会社があります。私たちもそのうちのもちろん一つです。しかし、小さく見えますがとても大きな違いがあります。

それは、

#1、私たちは、日本のビジネスシーンにおいて実際のビジネスを成功裏に立ち上げた経験があるということ。戦略や理論も、実践されて成果を生まない限り絵に描いたもちでしかありません。ステイクホルダーの力学と心理を考慮にいれ、実現性の高いコンサルティングをクライアントの立場から支援します。

#2.これまでのビジネスの経験を通じて、とても優れた人的なネットワークを構築しています。マーケティングやセールスからファイナンスやアカウンティングまでその有資格者だからこそ 最適なパートナーの調達から選定までを的確にサポートします。

次のステージに向けて成長を加速させたい企業の経営者は、どうぞ私たちのサービスを試してみてください。クライアントの成長が私たちオキシモロンの喜びなのです。